○ 展示会・発表会で担当者の方から聞いたお話
   HP / ヒューレットパッカード のインタビュー

展示会・発表会インタビュー

HP(ヒューレットパッカード)このページでは各地で開かれている展示会や発表会に参加した際に、HP(日本ヒューレット・パッカード)の担当者さまから直接お聞きした話を掲載しています。

普段は解りにくい各メーカーの開発方針や販売傾向、重視しているポイント、扱っている製品の現状や今後の予定などをお聞きしています。

ただしそれぞれのお話は、あくまで会場で聞いた担当者さんのセリフなので、その会社の総意という訳ではないのでご了承下さい。
(読みやすいよう言葉/単語などを一部修正したり、複数の担当者さんのお話をまとめている場合もあります)

お話をさせて頂いた担当者の皆さん、ありがとうございました。
(以下の文章の、「担」は担当者様「私」は筆者である私のセリフです)

インタビュー パソコンメーカー


・HP(ヒューレットパッカード)
アメリカに本社を持つ世界最大級のパソコンメーカー。
販売台数は世界トップクラスで、ディスプレイやプリンターなどの周辺機器においても最大手。
元は企業向けのビジネス用パソコンを販売していたメーカーで、個人向けは販売していなかったが、
現在は個人向けやゲーム向けの高性能モデルも扱っている。
自社でカスタマイズしたパーツを使用し、本体をコンパクトにまとめているのが特徴。
日本法人は「日本ヒューレット・パッカード(日本HP)」で、日本向けは全て国内生産である。
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


マウスコンピューター / G-Tune 展示ブースにて 2016年11月

私:「まず、HP さんの『パソコンメーカーとしての特徴や傾向』を教えて頂けますでしょうか?」

HP ラグジュアリーモデル Spectre

HP のラグジュアリーモバイル PC
アイボリーの光沢ある装飾が特徴
スピーカーなどもデザイン化している
※画像クリックで拡大

担:「主にノートパソコンに注力しており、デザインを大切にしています。
特に新モデルは『ラグジュアリー』をテーマにしていて、美しく高級感のあるパソコンを目指して開発しております。
モデルさんを使ってプロモーションを行っており、男性はもちろん、女性にもご好評頂いております」

私:「確かにオシャレなモデルが多いですね。この傾向はいつからでしょうか?」

担:「去年の冬からですね。 最近のパソコンはスペックで差が付きにくいので、こうした点で特徴を出しています。
ロゴも変わりまして、以前よりオシャレなものになりました。
もちろんデザインだけではなく、薄さや軽さにもこだわっていて、発売当時は世界最薄のモデルもありました」

私:「これは個人向けモデルですよね? 法人モデルは違いますよね?」

担:「法人モデルもデザインを大切にしていますよ。
もちろん法人モデルだと安さが求められますが、当社は法人モデルにもダイヤモンドカット(本体の端をナナメにカット)して光沢を出し、高級感を演出しています。
素材をアルミにして軽量で頑丈、キーボードのタッチ感の良さにもこだわっています」

HP の新ロゴ

HP の新しいロゴマーク
携帯電話の電波表示?
とか思ったのはナイショ

私:「つまり、やや高級なモデルで勝負しているという感じでしょうか?」

担:「そうですね。外資系のメーカーの中では、うちは製品品質、『モノの良さ』で勝負しています。
今はスマホが普及しましたから、パソコンの使われ方、働き方が変わっていて、それに合わせて行こうということですね。
パソコンを時計のような嗜好品として考え、相応しいものを作っていきたいと思っています」

私:「今はこれらが一番よく売れているのでしょうか?」

担:「いえ、よく売れているのはやはり安価なモデルですね。 サイズは 15 インチ、価格帯は 5〜6 万円台がよく出ています」

私:「HP さんが今『力を入れているところ』はなんでしょうか?」

担:「法人か個人かで言うと、個人向けに力を入れています。
ただ法人モデルも堅牢性と共にデザインを考慮し、先ほども申しましたが、無骨なものが多い法人向けにも高級感をと考えています。
あと、ペンタブレットにも力を入れていますね。 プロのイラストレーターさんからご意見を伺いながら、改良を続けています」

私:「ユーザーの方から、よく褒められる点というのは何でしょうか?」

担:「デザインが良くなったというのは、内外から言われています。
あと、法人モデルは拠点が日本にあって、サポートももちろん日本で行っています。
外資系の中では、特に法人モデルのサポートで評価して頂いています」

私:「HP が『他とはここが違う』という点はどこでしょうか?」

HP OMEN X

HP のゲーミングモデル「OMEN」
その特殊モデル OMEN X by HP 900
けっこう独創的なメーカーですね

担:「うーん、変わったモデルも多いことでしょうか。 モニター一体型はもちろん、一見スピーカーのようなインテリアになるモデルもご用意しています。
ゲーミングモデルの『オーメン』にも、本体をナナメにした独自のモデルを用意しました」

私:「そのオーメンの新しいモデルは、あそこにある・・・ ヘンなやつですね・・・」(右画像)

担:「ヘンなやつです(笑  でも、この形状にも理由があります。
電源ユニット、ストレージ、マザーボードのある部屋が完全に分割されていることで、それぞれの熱が他に流れないようになっています。
また、ナナメになっているおかげでメンテナンスしやすく、下から空気を吸い込みやすいので冷却効率が良く、内部スペースにも余裕があります。
前面のライトアップは PC ステータスを反映させることも可能で、CPU 使用率などに応じて色を変えることができます。
曲再生時のイコライザーにすることもできますよ」

私:「どんだけキワモノなんだと思ってたのですが、説明を聞くと納得できる構造ではありますね。
水冷ラジエーターのスロット(CPU やビデオカードを水冷にする際、クーラーを装着する場所)が複数用意されてるのも特徴的ですね。
ただ問題は、デカ過ぎて置くスペースをどうするかですが・・・」

HP Pavilion Wave

HP のスピーカー一体型 PC
「スピーカー一体型」ってのがまず珍しい
Windows の音声認識コルタナを使い、
言葉で命令を出せる模様

担:「そうですね・・・(笑
スピーカー型のパソコンの方は小型で、パソコンには見えない形にして、インテリアとして置いておけるようにしています。
音声認識機能もあり、テレビなどに繋げてリビングで使うことを想定しています。
もっと手軽に、オシャレにパソコンを使って頂きたいと思って開発したものです」

私:「モニター一体型パソコンは最近は減っている気がするのですが、人気はあるのでしょうか?」

担:「一体型も一定の需要がありますよ。
あまりスペックやデザインなどを気にされない、パソコンなら何でもいいという方に売れています。
テレビの代わりに買われる方もいるので、だんだん大型化していて、21〜27 型のモデルをそろえています」

私:「あまり気付かれていないアピール点というものはあったりしますか?」

担:「上位モデルには『バンガードールセン』のスピーカーを去年から使っています。
高いスピーカーなんですが、音響も重視すべく採用しました。
以前はボーズのスピーカーを使っていて、そちらは重低音が響くのが特徴でしたが、バンガードールセンはナチュラルで、高音が綺麗で素直です。
ボーズが Apple に買収されたのも理由の1つですね」



【 まとめ 】

デザインと高級感を重視したノートパソコンを主力にしたいようで、実際に好評なようです。
2012〜2014年にかけて HP は不振なのが見て取れたのですが、このデザイン&高級感重視で特色を出し、最近は勢いを取り戻しているようです。
また、ウルトラブックの流行から続く「薄さ・軽さ」の追求を続けています。

ゲーミングモデルは初期製品が不振だったのですが、一旦止めて仕切り直し、改めてスタートしている模様。
変わった本体も用意していて、パソコンの幅広い使われ方を模索しているようですね。

全体的にスタイリッシュなモデルが多い印象です。
元々 PC パーツの一部を自社で作れる程の技術力と規模のあるメーカー。 方針が固まった今、さらに伸びて行きそうです。

○ リンク : HP Directplus (日本HP オンラインストア)

※古いインタビュー(2015年以前)の記事は こちら をご覧下さい。


展示会・発表会で担当者の方からお聞きした話(パソコンメーカー)

マウスコンピューター/G-Tune ・ドスパラ(DOSPARA)
HP(ヒューレットパッカード) ・DELL(デル) ・パソコン工房
マイクロソフト(Surface)
国内家電メーカー(富士通、東芝、NEC)

エプソン(EPSON)富士通パナソニック/レッツノートレノボ(Lenovo)
パソコンメーカーの特徴 / 比較ページへ

PCハードウェア 初心者の館 へ 実機解説編のメニューページ へ