○ 展示会・発表会で担当者の方から聞いたお話
  (パナソニック / レッツノート のインタビュー)

展示会・発表会インタビュー

パナソニック レッツノートこのページでは、各地で開かれている展示会や発表会に参加した際に、パナソニックの担当者さまから直接お聞きした話を掲載しています。

普段は解りにくい各メーカーの開発方針や販売傾向、重視しているポイント、扱っている製品の現状や今後の予定などをお聞きしています。

ただしそれぞれのお話はあくまで会場で聞いた担当者さんのセリフなので、その会社の総意という訳ではないのでご了承下さい。
(また、読みやすいよう言葉/単語などを一部修正したり、複数の担当者さんのお話をまとめている場合もあります)

お話をさせて頂いた担当者の皆さん、ありがとうございました。
(以下の文章の、「担」は担当者様「私」は筆者である私のセリフです)

インタビュー パソコンメーカー

・パナソニック(Panasonic)
旧「松下電器」及び「ナショナル」。 日本の総合家電メーカー。 パソコンはノートのみ販売中。
利便性と携帯性を追求したノートパソコン「Let's note」(レッツノート)を販売しており、
優れた駆動時間・軽さ・耐久性でノートPCユーザーの支持を得ている。
ただし作り込まれたパソコンであるため価格は同性能の他社製品と比べると大幅に高い。
また、ビデオカードを搭載するようなゲーム向け・設計/CAD向けのモデルは存在しない。
工場や作業現場など過酷な環境での使用を考慮した「TOUGHBOOK」(タフブック)も扱う。


パナソニック (旧 松下) 展示ブースにて 2010年11月

担:「今回は最新型のレッツノートを展示しています。 従来よりさらに高性能になったレッツノートをぜひご覧下さい」

レッツノート 2011年春モデル
2011年春モデルのレッツノート
側面にファンの吸気口が設けられている

私:「具体的にはどのあたりが高性能化したのでしょうか? CPU は新しくなっているようですが・・・」

担:「まず CPU を低電力版(QM や UM が付いた CPU)ではなく、標準電圧版(M が付いた CPU、Core i5 560M など)に変更しました。
これによって従来よりも処理速度が大幅にアップしています。
標準電圧版にすると消費電力と発熱が増すためバッテリーの持ちや冷却に問題が出るのですが、バッテリー関連の改良と大型の CPU 冷却ファンの搭載により補っています。
そのため本体の厚さは以前より増えていますが、バッテリー持続時間や軽さを維持したうえで性能を向上させています」

私:「バッテリーの持続時間や軽さはレッツノートの特徴ですもんね。
やはりこの辺りを重視するレッツノートの開発志向は変わっていないのでしょうか?」

担:「はい。 『頑丈・バッテリーが長い・軽い』、この3つを満たしたものでないと「レッツノート」の名を名乗らせないようにしています。
サイズも以前の大きさを維持しています。 ネットブックと大差のないサイズでこれだけの性能を持っているのはレッツノートだけで、気軽にこんな事を言うべきではないかもしれませんが、
このサイズでは最強スペックだと自負しています。
これは『我々にしかできない』と自信を持って言えますね」

私:「レッツノートは性能は高いのですが・・・ 価格が非常に高いですよね。
安くするという考えよりも、性能や品質を優先するという考えは、今後も変わらないのでしょうか?」

担:「そのレッツノートの基本は変わりません。 『性能5倍、価格も5倍』ですね。
十分な作業が行え、仕事で使うようなプロフェッショナルな使い方をされるものと考えて作っています。
確かに安くはありませんが、ビジネスで多用されるような方にはご好評を頂いています」

(他の方):「レッツノートは次々と新型モデルが出るため、せっかく買ってもすぐに次が出て、旧式になってしまうと言うのがある気がします。
高い買い物ですから、その点で買った後に悲しくなるかなぁと言うのも・・・」

担:「新しい技術を早く届けたいというのもありますので、どんどん新モデルや新開発はするようにしています。
確かにすぐ新型が出て、悲しくなるというのもあるかもしれませんが・・・(笑
でもどの製品もしっかりした性能を持っていますので、長く使って頂けるはずですよ」



2009年10月にお聞きした話(パナソニック)

レッツノートの展示。パナソニックはこれ一本。担:「多くの支持を頂いているノートパソコン、レッツノートを展示しています。 小型サイズのノートパソコンとしてはもっとも高い性能を持っていると自負しています」

私:「パナソニックさんは去年お話をお聞きした際に 『ネットブックは作りません』 と言われていたのですが、それは今年も変わらないのでしょうか?」

担:「それは今もそうですね。
A4 の小サイズで高性能な、ネットブックに負けない製品を作ろうと開発しています。 
ネットブックはすでにパソコンを持っている人が、2台目のパソコンとして購入するものだと思います。
当社のパソコンはそうではなく、
ネットブックに近いサイズでメインとして使える性能を持つものを作ろうと開発を行っています」

私:「やはり今も高性能重視で開発されているみたいですね。 新モデルの改良点はどのようなものでしょうか?」

担:「A4ノートとしてはもっとも性能が高い CPU を搭載しています。
また、この CPU をより有効に使えるようにするため、内部のシステムをインテルさんと共同開発し、より高い性能を発揮できるようにしています。
重さも 1.3 kg 前後と、性能に対して非常に軽いモデルとなっており、バッテリーもさらに長時間持つようになりました」


私:「CPU は Core 2 Duo のようですが・・・ Quad ではないんですね」

担:「Quad は発熱の問題でこのサイズに搭載することは難しいです。 しかしモバイル用の Core 2 Duo の最上位のものを使用していますよ」

私:「やはりビデオカードが搭載されたようなものはないですよね?」

担:「ビデオカードはないですね。 基本的にはビジネスや一般用途と考えて頂ければと思います」



2008年11月にお聞きした話(パナソニック)

担:「多くの方から性能を評価して頂いている、レッツノートを開発・販売しています。 おかげさまでお客様から高い満足度を頂いています」

私:「レッツノートは性能や耐久性などが高い分、価格が高いと思うのですが、今後もその傾向は変わらないのでしょうか?」

担:「当社は安価な製品は作る気はありません。 ビジネスに必要な機能を追求し、性能の高い製品をお届けしていくつもりです」

私:「現在のビジネス用パソコンは、ネットブックが大きな注目を集めています。
しかし、レッツノートの考え方とネットブックの考え方は、完全に相反しているように思います。
レッツノートのネットブックのようなものが販売される予定はないのでしょうか?」

担:「当社は今のところ、ネットブックを作る予定はありません
ビジネスにはやはり信頼性やセキュリティ、高機能などが必要だと考えております。 その必要な機能を提供する事を一番に考えており、
安易に安価な製品に走るつもりはありません!


【感想】
「ネットブックは作りません!」「安価な製品には走りません」と断言されていたのに少々驚きました。
そんなメーカー、ここだけではないでしょうか? なんというか「職人気質」のようなものを感じます。
レッツノートは普通のノートパソコンよりも小型で軽量、高機能ですが、ネットブックが登場した事で、大きさと重さに関しては中間的な性質になってしまいました。
しかしここでネットブックの傾向に走る気はないようで、「高価格だけど小型でも性能重視」 という開発思想のようです。

○ リンク : CLUB Panasonic 内 「My Let's 倶楽部」 へ


展示会・発表会で担当者の方からお聞きした話(パソコンメーカー)

マウスコンピューター/G-Tune ・ドスパラ(DOSPARA)
HP(ヒューレットパッカード) ・DELL(デル) ・パソコン工房
マイクロソフト(Surface)
国内家電メーカー(富士通、東芝、NEC)

エプソン(EPSON)富士通パナソニック/レッツノートレノボ(Lenovo)

PCハードウェア 初心者の館 へ 実機解説編のメニューページ へ