○ 展示会・発表会で担当者の方から聞いたお話
   DELL(デル)のインタビュー

展示会・発表会インタビュー

DELL (デル)このページでは、各地で開かれている展示会や発表会に参加した際に、DELL(デル)の担当者さまから直接お聞きした話を掲載しています。

普段は解りにくい各メーカーの開発方針や販売傾向、重視しているポイント、扱っている製品の現状や今後の予定などをお聞きしています。

ただしそれぞれのお話はあくまで会場で聞いた担当者さんのセリフなので、その会社の総意という訳ではないのでご了承下さい。
(読みやすいよう言葉/単語などを一部修正したり、複数の担当者さんのお話をまとめている場合もあります)

お話をさせて頂いた担当者の皆さん、ありがとうございました。
(以下の文章の、「担」は担当者様「私」は筆者である私のセリフです)

インタビュー パソコンメーカー


・DELL(デル)
アメリカに本社を持つ世界最大級のパソコンメーカー。
HP(ヒューレットパッカード)や Acer(エイサー)と世界規模でシェア争いを展開しており、
コストパフォーマンスを重視したリーズナブルなパソコンを販売している。
コスト低減のため生産・組立は主に中国で行われている。
2009 年にアメリカのゲーム用パソコンメーカー「Alienware」を買収、自社ブランド化し、
ゲーム向けの高性能を持つ PC の販売も開始した。
デル株式会社 デル株式会社


DELL(デル) 展示ブースにて 2016年11月


私:「まず、デルさんの『パソコンメーカーとしての特徴や傾向』を改めて教えて頂けますでしょうか?」

DELL Inspiron

DELL の中クラスモデル Inspiron
このぐらいの安価なモデルがデルの主力
もっと安い Vostro というモデルは、
どちらかと言うとビジネス向け
※画像はクリックで拡大

担:「現在の傾向としては・・・ アプローチが変わりましたね。
もうカスタマイズをメインとはしていません。
コストを下げるために BTO(ユーザーによるパーツ選択)を廃止し、人気のあるゾーンの構成で固定して販売を行っています。
そのため(パーツを)選べなくなったと言われることもあるのですが、そのぶんお安く提供できるようになっています。
ワークステーションなど、一部のモデルはまだ可能ですが」

私:「デルさんは以前からコストパフォーマンスを重視していると言われていましたが、それは変わっていないでしょうか?」

担:「そこは変わっていません。 うちの特徴はコストパフォーマンス重視ですね」

私:「デルさんが今『力を入れているところ』はなんでしょうか?」

担:「デザインより実用性に力を入れています。
最近はデザインを優先しているパソコンもありますが、お客さんにとって本当に良いものは何なのか?
薄い、軽いだけでハッピーなのか?
軽量化するとベコベコになって耐久性が不安になりますし、それよりも使い勝手を優先していこうと考えています。
洗練した本体や、小さなフレーム(画面の外側の枠)などですね」

私:「具体的に、本体のここが違うとかありますでしょうか? 小さなフレームというのは・・・?」

DELL XPS 2016 モデル

DELL の上位モデル XPS の新型
確かにこの画面の外枠はかなり細い
キーボードもカーボンで高級感あり
※画像はクリックで拡大

担:「例えば、XPS(デルの一般上位モデル)は使い勝手を重視した設計で、今回は初めてシャーシにもこだわっています。
キーボード面にカーボンを使い、周囲を編み目の柄で装飾するなど、高級な仕上がりになっています。
また、画面外側のフレーム幅(ベゼル幅)を狭くして本体のサイズを小さくしているのですが、これは大変でした。
これを作れる工場が見つからず、日本のとある工場だけ可能で、うちで独占契約したのでうちでしか作れません。
この狭いフレームのおかげで画面は 13 インチですが、本体の大きさは 11 インチサイズと変わりません」

私:「ユーザーの方から、よく褒められる点というのは何でしょうか?」

担:「やはりコストパフォーマンス、価格の安さですね。
この点はずっと評価して頂いています」

私:「あまり気付かれていないアピール点というものはあったりしますか?」

担:「顧客満足度を重視しています。
サポートにも力を入れていて、ユーザー様に満足して頂けるよう努めています」

エイリアンウェア ノート17

エイリアンウェアのノート
こちらも新型はキーボードなどに
かなり手を加えたそう

私:「デルが『他とはここが違う』という点はどこでしょうか?」

担:「違うと言えば、やはりエイリアンウェアでしょうか。
ハイスペックなゲーミングモデルで、デザインにもこだわったモデルです。
とても好調で、販売台数も年ごとに倍々に伸びています」

私:「最近はエイリアンウェアのモデルも増えているようですが、何か変化はありますか?」

担:「最近は物理的な部分を改良していますね。
例えば、ゲームで酷使するので、キーボードの強度は特別に強化しています。
あと、キーボードの表面がツルツルしていると滑って操作し辛いというご意見があったので、滑らない素材に変えました。
長時間安定して動くチューニングをしているのもエイリアンウェアの特徴ですね」



【 まとめ 】

デルと言えばコストパフォーマンス。 安さで勝負という印象のメーカーですが、そこはずっと変わりません。
一方で、フレームの表面やキーボードのタッチ感など、今までデルではあまり気にしていなかった部分もこだわるようになったようです。

聞いてて面白かったのは、同じ外資系メーカーの HP との対比ですね。
HP がデザイン重視、薄さや軽さも重視と言われていたのに対し、デルは「デザインより実用性」「薄い・軽いだけで良いのか?」と、まるで正反対のことを言われていました。
いずれにせよハッキリした方針の違いがあるのは、ユーザーにとっては選びやすいので良いことだと思います。

デル本体とは開発部署が異なるゲーミングモデル「エイリアンウェア」は、アメリカンな重量級 PC なのが特色でしたが、最近は扱いやすい小型モデルも増えています。
強度や操作性などの細かい部分の改良も続けているようで、どんどん洗練されている印象。 もうそれほど「キワモノ」ではなくなって来ましたね。

○ リンク : DELL(デル 個人向けストア) / エイリアンウェア

※古いインタビュー(2015年以前)の記事は こちら をご覧下さい。


展示会・発表会で担当者の方からお聞きした話(パソコンメーカー)

マウスコンピューター/G-Tune ・ドスパラ(DOSPARA)
HP(ヒューレットパッカード) ・DELL(デル) ・パソコン工房
マイクロソフト(Surface)
国内家電メーカー(富士通、東芝、NEC)

エプソン(EPSON)富士通パナソニック/レッツノートレノボ(Lenovo)
パソコンメーカーの特徴 / 比較ページへ

PCハードウェア 初心者の館 へ 実機解説編のメニューページ へ